自作のユニフォーム

サッカー

作る時に気をつけること

既製品で良いユニフォームがみつからない時は、オリジナルユニフォームをオーダーするのも一つの方法です。オリジナルユニフォームなら素材からデザインまで自分たちの希望する物がすべて盛り込めるので、納得のいく物が作れます。ただしオリジナルユニフォームをオーダーする際は、くれぐれも著作権に触れないようにしましょう。既成のユニフォームと酷似していたりデザインをそのまま使うと、法的な問題に発展することもあるからです。またデザイナーにオリジナルユニフォームのデザインを発注する時は、著作権がどちらに帰属するかはっきりと取り決めを交わしておくと安心できます。そこを不明瞭にしたために、あとからトラブルに発展するケースも少なくないからです。これ以外にもオリジナルユニフォームに、許可を得ないまま既成のキャラクターを使用するのもよくありません。どうしても使用したい時は、著作権の管理をしている個人か団体と契約してから使用するようにしましょう。ではフリー素材なら好きに使用できるかというと、実はそうでもありません。フリー素材の多くは個人的な使用目的に限って許可が出ている物が多く、商業目的での使用は禁止されていることがほとんどです。そのため今後ユニフォームを販売したり宣伝に利用する可能性がある場合は、フリー素材といえど使用しない方が無難です。そうした著作権の問題をクリアするには、デザイナーに依頼して一からデザインしてもらうのが一番です。したがってオリジナルユニフォームを作る時は、著作権に詳しい業者に発注するのがおすすめといえます。